たんぱく質を制限しよう|腎臓病食の宅配で改善を目指す|便利なサービス

腎臓病食の宅配で改善を目指す|便利なサービス

メンズ

たんぱく質を制限しよう

和食

腎臓は、体の老廃物を排出したり体内の水分量を調節するための器官です。たんぱく質や塩分をを摂り過ぎるとそれだけ腎臓を酷使することになり、腎臓病になります。なので、これ以上腎臓を酷使しないようにたんぱく質や塩分を控えた食事療法をすることが腎臓病への対策になります。食事の三大栄養素は、糖質・たんぱく質・脂質ですが、糖質と脂質は食べて吸収しても水と二酸化炭素になりますが、たんぱく質の場合は7割以上が老廃物になるため腎臓に負担をかけてしまうのです。また、腎臓の機能が著しく低下するとカリウムの排除が出来なくなるので、カリウムの摂取も控えなくてはなりません。たんぱく質を抑えた食事だと必要なエネルギーを取ることが難しくなります。腎臓病のための宅配サービスもあるので、腎臓病用の食事に慣れるまで利用するのもおすすめです。

腎臓病の食事療法で気を付けなくてはならないのが、摂取カロリーです。たんぱく質を抑えることに集中してしまうと、必要なカロリーを摂取できていない状態になりやすいです。人間はカロリーが不足していると、体内の筋肉を分解してエネルギーに変換してしまいます。筋肉はたんぱく質なので、結局たんぱく質を食べていることと変わらず、老廃物が発生してしまいます。なので、必要カロリーは糖質や脂質で補給することが大切です。カロリーが足りているかどうかは、日々体重をチェックすることで確かめます。また、月に1度は病院で細かく検査をすることが大切です。食事療法を続けるためには、食事を楽しむことが大切です。といっても、腎臓病の食事療法は細かい計算が必要で、メニューを考えるだけでも一苦労です。腎臓病用の宅配サービスであれば、メニューも栄養士が考えているものが多く、安心して美味しいものを食べることができます。